不眠症について基礎知識を身につけて改善しよう

克服法

体が疲れているはずなのに、夜布団に入ってもなかなか寝付けない、というのは深刻な悩みですね。
睡眠が足りていないと、起きている間も頭がぼうっとするし、体の疲れも取れません。
不眠は、病気やうつや不安感などの精神的なもの、薬やカフェインの影響によるもの、夜型の生活をしているなどの生活習慣によるものなどがあります。
これらが原因の場合、医師に相談して症状に合わせた治療をしてもらう必要がありますが、ほとんどの人は、一時的なストレスならくるケースが多いようです。
ストレス性の不眠は、心の緊張をほぐしてリラックスすることが最もよいようですが、不眠の症状には、アミノ酸、ビタミン類などが入ったサプリメントを飲むことも有効です。

アミノ酸は食品に多く含まれている成分で、ストレス解消の効果があり、脳の交感神経系の鎮静作用があります。
ビタミン類も同様で、リラックス効果が期待できます。
アミノ酸もビタミン類も美容と健康によく、副作用がないことから、人気のあるサプリメントです。
不眠用サプリメントは、これらの成分に加えて体を温めて寝付きをよくしたり、鎮静効果のあるセロトニンなどの成分が配合されているため、通常のサプリより価格が高めの場合が多いようです。
睡眠薬は常用すると体によい影響を与えず、依存性があると言われています。
副作用の心配がないサプリメントは、長く続けることで効果が期待できるので、成分や価格などを考慮して、続けやすいものを選ぶことが大切です。